ニキビダニの治療法

ニキビダニってご存知?!
皮脂を栄養分としてヒトの肌に生息しているダニがいます。残念ながらヒトの顔にニキビダニが潜伏している可能性はほぼ100%で、5万年以上も前から存在しているのです。
赤ちゃんの肌には存在しないダニなのですが、母親の肌を擦り合わせてしまった時に感染してしまうようですね。

 


ニキビダニ(体長約0.1ミリ)

 

「気持ち悪い〜」と思ってしまうこのニキビダニですが、実は全くいないのも問題なのです。
ニキビダニの役割として、余分は皮脂を食べてくれるので、常に肌を弱酸性に保ちやすくしてくれています。弱酸性は人間の肌にとって健康な状態でもあります。
ただ2週間〜1ヵ月を寿命として生きるニキビダニは肛門という排出器官を持っていないので、死んでしまったらそれが原因で毛穴詰まりを引き起こしてしまう可能性がありますが、ニキビダニはニキビに生息している訳でもなく、はたまたこのダニが原因で直接ニキビができる訳でもないので過剰に心配をする必要はないでしょう。

 

日本人のような黄色人種よりも西洋人のような白人の肌にニキビダニは住みつきやすく、鼻周りが赤くなりやすいのはこのニキビダニが関係しているのではないか?とも考えられています。
ニキビダニはある一定数は必要な存在ですが、それ以上の数がいると、肌トラブルの原因ともなりますので、予防法や治療法を知っておきましょう!

 

治療法として

洗顔では毛穴奥深く潜むニキビダニの除去は難しいと考えられていますが、洗顔を行わないよりは行った方がもちろん良いです。
特にニキビ専用の洗顔料では、毛穴内に潜むニキビの原因となるアクネ菌を撃退する為に、浸透率が高くなるように開発されていますので、一定の効果の期待が持てます。
また過剰な皮脂分泌を起こさない為にも規則正しい生活を意識することが大切です。
どうしても専門的な治療がしたいという方には硫黄成分の含まれたクリームを塗ればニキビダニを窒息させ早期死滅させることができますが、硫黄は刺激成分なのでお肌の様子を確認しながら適量の調整が必要ですね。

 

とは言っても、あまり過剰に心配する必要はなく、ニキビ専用の洗顔料を使用しての丁寧な洗顔を繰り返していけば、まず異常繁殖することのない顔ダニですので、健康肌を保つ意味でも上手に付き合っていきたいものです。

 

洗顔方法&洗顔料を知るにはこちらをクリック↓