くるぶしの黒ずみ即解消術

 


1年を通して肌を露出していることが多い足先。ましてや夏に水着を着た時には肌が汚いとテンションも落ちっぱなしですn・・・。

 

そんなくるぶしにできてしまった黒ずみを解消して、自信のある足に磨き上げましょう!

 

 

黒ずみは間接部にできやすいって知ってた?

今一度、ご自身の体をチェックしてみてください。

 

くるぶしに黒ずみができてしまっている人はひじやひざ等の関節部にも同じように黒ずんでしまってはいないでしょうか?

 

これはまず関節部には皮脂線があまりない為に乾燥しやすいことが特徴としてあがります。

 

乾燥された肌を必死に守ろうとあなたの体の機能はメラニン色素を生成し、それが色素沈着を起こして黒ずんでしまう原因となってしまうのです。

 

またひじやひざの関節は曲げ伸ばしによって皮膚が固くなりやすく、ジーンズのような強い素材と摩擦が頻繁に行われてしまう箇所でもあるので皮膚の硬化を促進させてしまっています。

 

入浴時での注意点

入浴での体を洗う際には、やさしく洗う事を心がけるようにします。
これはナイロン生地でゴシゴシと体を洗うと、汚れを落としてる感じがして良いと思われがちですが、実際には皮膚を傷つけるだけでなく本来肌に必要な角質まで落としてしまっています。
特に黒く肌が目立つ部分はその洗い方に注意が必要となります。
市販で販売されているボディーソープであれば、擦らなくても、泡だけで洗う感覚で良いですよ!

 

また湯船に浸かっている時間を利用して、皮膚の硬化を防ぐようにマッサージをしてあげましょう。
マッサージを行うことにより血行も促進されターンオーバーが促進されます。
各関節を特に集中的に揉み解してください。

 

 

入浴と併せて効果を期待できる保湿クリーム

 

角質肥厚を防ぐ為に、尿素配合の保湿クリームは有効的です。

 

手の平に一定の保湿クリームを伸ばし、均一になるように皮膚に塗りこんであげます。その時には決して力を入れないように優しく塗ってあげましょう。

 

刺激によってできた黒ずみには刺激を与えることが厳禁です。刺激を与えないように改善を計れば、徐々に効果が現れるはずです。

 

またピーリングという方法もあり、このピーリングとは肌の角質を落とし、ターンオーバーを促進させる効果を持ちます。

 

ただ何事もやり過ぎは悪影響を及ぼしますので、適度な頻度で行う必要があるでしょう。

 

くるぶしのみならず、黒ずみが目立つひじやひざにも同様の方法で効果を期待できますが、時間がかかったり、すぐに解消されたりと個人差があります。

 

しかしこれらを根気よく処置を行うことで、必ず消えるのが黒ずみなのです。
それは肌細胞が常に生まれては垢となって流れ落ちる皮膚のメカニズムに起因されていることなので、黒ずみが消えないからと言って簡単に諦めず、根気よく行うことが一番の重要なポイントと言えますね!