最悪?!鼻の中にできちゃったニキビ


鼻をかんだ時に「痛み」や「違和感」を感じたとしたらそれはニキビができてしまったかもしれません。

 

もし鼻の中で何かの違和感があり、それがニキビだったとしてもそれを目で見て判断することが難しい為に放置することが多くなり悪化しやすくなってしまいます。

 

そんなあまり知られていない鼻の中のニキビについての原因や治療法、また予防について書いてみたいと思います。

 

鼻の中のニキビの考えられる原因

鼻の役割は外部から酸素を取り込む重要な器官として機能してますが、空気に混じった菌も鼻の中に同時に取り込んでしまうので排除する為に鼻毛やある程度の湿気が存在しています。
そこで鼻を頻繁にほじる、触るなどの癖があったり、お手入れで鼻毛を抜いたりしていると鼻の中の菌が皮膚に入り込んで繁殖し炎症を起こしてしまうことがあります。
また鼻の中を不衛生にしていても菌の繁殖環境を整えてしまうので、ニキビが発生してしまうことがあるでしょう。

 

 

ではどうしたらいいの?

鼻の中にニキビができてしまったら、迷わず皮膚科にかかるようにしてください。
まず鼻の中の違和感が何であるかを判断するには専門の医師の診察が必要です。
違和感の中にはヘルペスや面疔、アレルギーの発疹といった別の病気の可能性もあるので勝手に自分の判断だけで決めてしまうのは危険です。
皮膚科の先生へ相談し、そこでニキビだと判断されれば、抗生剤や鎮静剤等の塗り薬や飲み薬が処方されるので、それを服用していけばやがて痛みや炎症は薄れていくでしょう。

 

2度と鼻の中にニキビを作りたくない!その予防とは??

ニキビだけでなく他のあらゆる鼻の中にできものを作らない為に共通していることでは、常に鼻の中を清潔に保つことです。
鼻を触ってしまう癖がある人はなるべく鼻を触らないように意識をしてください。
また鼻糞を取り除くにはティッシュペーパーで優しく取ってあげましょう。指には雑菌が付きやすくそれを鼻の中へわざわざ運んでしまっているのと同様です。
また指で鼻をほじる際に爪で鼻の中の皮膚を傷つけ、それが炎症の原因になる可能性も高くなるので少々面倒ですが、柔らかい素材のもので鼻糞を取り除いてあげましょう。

 

鼻毛を整えるには毛抜きを使わずハサミで短く切ってあげることです。
毛抜きを使用してしまうと抜いた毛穴がぽっかりと空いた状態になり、その毛穴の中に菌が侵入&繁殖してしまうことを防ぐ為です。
また鼻に痛みを感じた時には自分で触ったりせず、皮膚科にかかり専門医の診察を受けるようにしてください。

 

ニキビ改善&予防の情報はこちらをクリック↓