頭皮のニキビ・・・・どうやって治せば良いの?


シャンプーをしてたら指に何かが引っかかって、触ってみたらニキビだった・・・・って経験ありますよね?

 

頭皮にできたニキビは髪の毛に隠れてしまっていることから初期では見つけにくく、気が付いた時にはすでに大きくなってしまったケースが多いでしょう。
頭皮の毛穴は体の全ての部位の中で一番毛穴が多く、密集している箇所です。
よって皮脂も多く輩出され、それが毛穴の中で詰まってしまうとニキビを発生させてしまうのです。

 

侮りがちな頭皮のニキビ

髪の毛で覆い隠されてしまっているニキビはそれほど気にはならないはずですが、原因を考えた時に、その先にある延長線上では危険が待ち受けているかもしれません。

 

毛穴が詰まるという現象ではしっかりと皮脂が取り除けていないことから将来毛髪が薄くなることも考えられるからです。

毎日のシャンプーの回数を多くする必要はありませんが、シャンプー時のコツとして、髪の毛を洗うのではなく、頭皮を指の腹でマッサージするように毛穴から出た皮脂を洗い落とすようにします。

 

決して指先で強く掻き毟ってはいけません。
爪が頭皮を傷つけてしまうと、そこから細菌が侵入し、トラブルを起こしてしまいます。
シャンプーやリンスを洗い流す時にも、液剤が残らないように入念に洗い流すようにしましょう。
頭皮も顔の皮膚と一枚で繋がっている訳ですから、お顔の手入れを行うと同様に優しく扱うことが鉄則ですね。
また頭皮トラブルが発生した場合には、なるべく整髪料や毛髪料等のヘアケア剤を控えるようにしてください。
これらの商品には油分が多く含まれており、患部に付着してしまえばニキビの原因菌であるアクネ菌に栄養を与えることで、より悪化させてしまう可能性が高くなります。

 

 

頭皮ニキビを治すには??

毛穴が密集している頭皮ニキビはまず指で触れないよう心がけます。
もちろん気になってしまうので触れて確認したい気持ちはわかりますが、指先には雑菌が多く付着しており、その雑菌のついた指で患部に触れてしまうとエサを運んでいるようなものです。

 

まずは清潔な状態に保つことが重要です。

またベッドにある枕にも注意をしましょう。
マクラにはダニや雑菌が多く存在していることをご存じでしょうか?
就寝時にはターンオーバーが活発になされるので、排出された古い角質が枕に付き、雑菌のダニや繁殖の一端を担っているのです。

 

不衛生なままの枕に頭が密着していれば、当然頭皮にも悪影響を及ぼしてしまいます。
出来る事なら少なくとも週に一度、枕は天日干しを行い、毎日枕カバーを取り換えれるようにスペアのカバーを用意したいものです。
通常なら、ターンオーバーが活発な部位でもある頭皮なので、清潔な状態を保つだけで1週間〜2週間ほどでニキビは鎮静していくでしょう。

 

それでも炎症が治まらない場合にはその他の原因が考えられますので、皮膚科のお医者様に相談が必要です。

 

ニキビ改善&予防の情報はこちらをクリック↓