目立って困っちゃう・・・黒ニキビの正しい治し方って?

 

ニキビは白い皮脂が毛穴の中で詰まった状態の白ニキビのものから、それが悪化し炎症を起こして、赤く腫れあがった赤ニキビへと変化し、膿を持ってしまう最終段階の黄色ニキビと過程があります。

 

では黒ニキビとは一体どういうものなのでしょうか?

皮脂が毛穴の中で詰まり白ニキビとなったものが、毛穴の隙間から流れ込んできた空気に触れ、酸化によって黒ずんでしまったものを黒ニキビと呼びます。
このような黒ニキビを作ってしまった状態だと、他の人から見ても明らかに目立ってしまう為に、どことなく恥ずかしい気持ちになってしまいますよね。

 

そんな顔表面から浮き出て見えてしまうような黒ニキビを作らないようにする予防方法と、対処方法をここでは解説していきたいと思います。

 

黒ニキビってどうしてできるの?

先に説明したようにニキビの初期段階である白ニキビの酸化によって黒ニキビができてしまう訳ですが、その詳しい過程をご説明します。
白ニキビができた時には毛穴の中にはパンパンに皮脂が詰まった状態です。しかし毛穴内部からはさらに皮脂を分泌し続けている訳ですから、面皰の内側は膨らみ続け、やがて毛孔を突き破って皮膚表面に顔を出すようになります。
顔を出した皮脂は空気に触れるので、酸化が始まり、黒く変色した目立った黒ニキビへと変化してしまうということになります。

 

どうやって対処したら良い??

酸化によって黒く変化してしまったニキビの対処方法としては白ニキビの処置方法と同様に指で押し出してしまうのも一つの手です。
初期段階でのニキビは毛穴の奥深くの細胞までダメージがないので、皮脂を外まで押し出してしまっても良いです。しかしこの時に指で皮膚を傷つけてしまっては、そこから細菌が繁殖し、余計にニキビをひどくしてしまう可能性が高い為に、丁半博打に近いような処置方法となってしまいます。
よって本来、白ニキビができてしまった段階では、スキンケア(洗顔や保湿)を見直し、自己免疫機能のひとつであるターンオーバーで治していく方が良いでしょう。ニキビ跡になるリスクも限りなく低くなりますしね。

 

 

キーポイントは洗顔と保湿!!

ニキビが出来てしまうのは基本的にスキンケアの知識を勘違いして覚えてしまっているケースが少なくありません。
洗顔はある一定の皮脂や汚れを落とすことで肌バリアを維持する必要があり、何度も皮脂を取りきるまで洗ってしまっては逆効果になります。
洗顔後の保湿ケアでは化粧水で肌内部に水分を十分に与え、それを美容液や乳液で蓋をし閉じ込めるのですが、これも洗顔から時間がたってしまうと効果が充分に得る事ができなくなります。
また基礎的なスキンケアを行っていてもニキビが再発してしまいやすい肌質の人は皮膚科での対処が根本的な治療になるでしょう。

※皮膚科ではニキビ発生の根源である「男性ホルモンの増加」をイソフラボン(女性ホルモン同等の性質)治療により肌バリアの向上する処置を行ってくれます。
また洗顔や保湿のような基礎スキンケア以外にもターンオーバーを促進させる効能を持つビタミンB2群をすすんで摂取することでニキビ予防の効果が期待できるでしょう!

 

ニキビ改善&予防の情報はこちらをクリック↓