ニキビにはビタミンが必要ってホント?!

ビタミン不足になればニキビができやすいって聞いたことは誰でもあると思いますが、果たして本当にそうなのでしょうか?
ここではニキビとビタミンの密接な関係を説明していきますので、今後の栄養バランスの取り方について考えてみましょう!

 

ビタミンB群の役割

ビタミンB群とはビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの計8種類のビタミンのことを指しています。
これらの栄養素が互いに物質代謝に関わりあいながら脂質の代謝、皮脂分泌のコントロールを正常に保つ役割を行っていると言えます。

ビタミンB1
体内に取り込まれた糖質をエネルギーに転換する働きをします。ビタミンB1が不足すると日本人の主食であるお米の糖質がエネルギーとして得られなくなる為、疲労感を感じるようになるでしょう。
ビタミンB1を多く含む食材としては豚のヒレ肉、豚肩ロース、豚のもも肉、ベーコン、生ハム等の豚肉全般の食材です。

 

ビタミンB2
ビタミンB2が不足すると口内炎ができやすくなります。これもビタミンB1と同様にして、糖質やタンパク質をエネルギーに転換する役割を持つ栄養素だからです。
うなぎ、魚肉ソーセージ、かつおぶし、ほしのり、味付け海苔、青のり等の魚貝系に多く含まれている栄養素です。

 

ビタミンB6
腸内の細菌によってこのビタミンB6は生成されるので、完全に不足してしまう状況には陥りにくいとされています。このビタミンB6はタンパク質を効率よく代謝する為に必要な栄養素です。
マグロや鮭、きはだ、かつお、トビウオ、鯨、いわし等の魚系の食材に多く含まれています。

 

ビタミンB12
巨赤芽球性貧血といった悪性の貧血の予防にはかかせないビタミンB12。悪性貧血とは鉄分不足の貧血とは異なり、貧血以外にも鬱を引き起こしたりしてしまう精神系にもダメージを与える病気です。
しじみ、あさり、はまぐり、牡蠣等の貝系の食材〜サンマやニシンの魚系の食材にビタミンB12は多く含まれています。

 

ナイアシン
お酒に含まれたアルコールを分解してくれる栄養素であり、その他にもタンパク質や脂質の代謝を助ける役割を担います。
ナイアシンは生たらこ、まぐろ、めんたいこ、まぐろの魚貝系のものから豚の肝臓、鶏ささみの動物系の食材にまで幅広く含まれている栄養素です。

 

パントテン酸
抗ストレスビタミンと呼ばれているストレス耐性にはかかせないビタミンがパントテン酸です。ストレスを感じると耐性ホルモンを分泌するのですが、そのホルモンを生成する役割があります。
鶏や豚、牛の肝臓にパントテン酸は多く含まれています。ストレスが日常的に感じている人は含有量が多い鶏のレバーを多く摂取すると良いでしょう。

 

葉酸
通常の食事をしていれば事の他、不足にはなりにくい栄養素です。しかし妊娠中にはこの葉酸は2倍必要となります。悪性貧血の予防や細胞生成に大きく関わり、葉酸不足になると潰瘍にかかりやすくなってしまいます。
ほうれん草や小松菜等の緑黄色野菜に多く含まれている為、日常から野菜を多く摂取する人はそれほど過敏になる必要はありません。

 

ビオチン
皮膚組織や髪に影響を与え、ビオチンが不足すると掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)のような皮膚病にかかりやすくなります。また白髪が一気に増えたり、抜け毛が多くなったりと髪の健康を保てなくなります。
ビタミンB6と同様にして腸内生成されることに加え、様々な食材に含まれている栄養素の為に不足しない栄養素と言えます。

 

 

皮脂の過剰分泌を防ぎ、脂質の代謝をコントロールする役割のあるビタミンB群はニキビ悪化の軽減になります。
これらのビタミンB群は体内に留めておくことができないので、毎日補給できるように心がけることが大切です。

 

ニキビ改善&予防の情報はこちらをクリック↓