夏の日差しにご用心〜夏の肌対策〜

夏は1年を通して紫外線量が最も多くなる季節です。

日焼け対策の準備はできるでしょうか?紫外線はお肌への影響としてシミを作るだけでなく、角質層の水分を奪うことから天然保湿成分やセラミドが体の外へ流れ出て、肌トラブルを引き起こしやすくなるのです。

 

また紫外線は肌細胞のDNAを傷つけ、ターンオーバーを乱す働きがあるので、細胞分裂が遅延し、古い角質が皮膚表面に溜まることでガサガサ肌の原因にもなり得ます。

 

夏の日差しから皮膚は自動的に反応し、分厚い角質を形成するのですが、このような分厚い角質にスキンケアを行っても効率よく肌内部へと吸収されません。
まずは、角質除去を行い、浸透効果を高める必要があるのです。
角質除去にはピーリングが人気ですが、ざらついた肌が気になる人にはゴマージュでも良いでしょう。

乾燥肌になりやすい季節

先に述べたように、夏は大量に肌の水分量を奪われることになるので、自然に乾燥肌へと変化していきます。
大量の汗をかいた後、ひんやりと涼しいクーラーの効いた部屋に入るケースが夏場には多くなると思いますが、大量の水分を奪われたカサカサ肌がクーラーの風により、一層乾燥を促進させてしまうことになります。
加齢になれば、肌内部の水分保持力は徐々に低下していく為に、年をとった方ほど夏の乾燥肌には気を付けなければなりません。

 

夏対策でしっかりと美肌維持!!

 

〜化粧水は〜
汗をかきやすいので、化粧水をタップリとつけたくはないって方がいますが、それは全くの逆。水分が奪われやすい夏だからこそ、十分に保湿をしてあげるべきなのです。
また浸透を高める為には角層にまで届くような肌浸透力の高い化粧水を選ぶようにしましょう。

 

〜血行不良を改善!!〜
屋内と屋外での気温差が激しい為に、全ての季節を通して、夏の時期が最も血行不良になりやい環境にあります。血液の流れが悪くなれば、排出したい老廃物もその場に留まり易く、必要な栄養分を末端に運ぶ力が弱くなるので、シミやシワ、またニキビ等の肌トラブルが現れやすくなります。
その他にも頭痛や肩こり、むくみ等の健康障害に至るまで影響を及ぼしてしまう可能性があります。
血行促進を高める為に、自宅への帰宅後、入浴後などに温かい蒸しタオルと冷たいタオルを交互に顔に充て、血流を良くしましょう。
温冷を繰り返すことで、リラックス効果、血行促進、保湿力を高めることができ、夏の乾燥肌対策にはもってこいです。また肌の保湿水分量を減らさない為に、発汗を抑えたい場合には首回り、ワキ冷やすようにします。
首回りやワキの部位には太い血管が通っているので、その部位を冷やすことで血液が冷やされ、体全体を効率良く冷やすことができます。
夏の時期の発汗は乾燥肌を促進させることになるので、そのような条件を未然に防ぐことも意識することが大切なのです。

 


身体の冷やし過ぎも血行不良を招くひとつの原因ですので、注意しましょう!