ニキビのメカニズム

ニキビって何故できるの??

 

思春期にできるニキビ〜大人になってできるニキビまで原因は様々。

 

主に毛穴の入り口がなんらかの原因で詰まってしまうことによって毛穴内が炎症を起こしてしまうことによりニキビは発生します。

 

ニキビの正式名称は「尋常性ざ瘡」【じんじょうせいざそう】という皮膚病の一種になります。

 

ニキビ発生後の初期の処置によってその後、炎症で痛い思いをしたり、跡になってしまったりしないように、ニキビのメカニズムを知っておくことは大切なことです。

 

 

 

毛穴詰まりがニキビを作る?!

 

上記でお話したように、ニキビとは毛穴の入り口が塞がれてしまうことによって炎症を起こしてしまう症状です。

 

では何の原因で毛穴は塞がれてしまうのでしょうか?

 

 

毛穴が塞がれる主な要因ではまず『皮脂』があげられます。

 

皮脂とは体内から分泌される脂のようなものです。この皮脂の役割はお肌のバリアとして機能しているのですが、時には毛穴を詰まらせてニキビを作ってしまう原因ともなり得るのです。

 

だから皮脂の分泌が多い顔や背中に多くニキビはできやすいんですね!

 

特に顔の中でも顎やおでこ、Tゾーンには皮脂腺が密集している地帯で、ニキビで悩んでいるNo.1の箇所になります。

 

 

毛穴詰まりの原因が皮脂と理解してもらえたら、今度はこの皮脂がどのような状況の時に多く分泌されてしまうかを考察してみます。

 

 

皮脂が分泌過多になる原因とは?

 

皮脂の分泌が多くなってしまうのは様々な要因が影響しています。

 

成長期には成長ホルモンが促される為、この副作用として皮脂の分泌量も増えます。

 

これが主に【思春期ニキビ】ができる原因ですね!

 

思春期にできるニキビは成長の証であって、ごく普通の事なのです。しかしお顔にボツボツの歪なニキビは決して気持ちが良いものではありません。

 

成長の過程できてしまうニキビなのですが、これらも早期の対処によりニキビの悪化を防ぐことができます。

 

 

大人になってからは、成長ホルモンの影響はない為どのようなことで皮脂分泌が多くなってしまうのでしょうか?

 

大人でのニキビ発生個所は思春期よりも広範囲に渡り、首筋やうなじ、背中と発生範囲が広がります。

 

皮脂分泌過多の主な原因はストレスと言われ、社会人になって、人間関係が複雑になっていく上でストレスが溜まり、これらのストレスが自律神経を乱します。

 

自律神経が乱れることにより、交感神経と副交感神経にも影響を与え、これら2つの交換神経のバランスが崩れることによって皮脂分泌を多く促してしまうのです。

 

これが原因となってできるニキビは主に【大人ニキビ】と呼ばれていますね!

 

このようにしてできた大人ニキビにも初期段階でのニキビケアが行われるかによってその後の症状の重さが変わってきますので、早めの処置が大切です。

 

 

 

その他の毛穴詰まりの原因では?

 

脂によって毛穴の入り口を詰まらせる以外にも黄体ホルモンの影響も考えられます。
黄体ホルモンとは女性の生理時に促されるホルモンでこのホルモンの影響によっても毛穴を詰まらせてしまう原因になると言われています。
黄体ホルモンが分泌されると体内バランスを崩しやすくなり、新陳代謝が悪くなったり、ターンオーバーを乱しやすくなり、毛穴に角栓を詰まりやすくさせてしまいます。

 

生理時期にはこのようにホルモンバランスを乱しやすくする為、女性はニキビ発生を最も気を付けなければならない時期と言えるでしょう。

 

 

黄体ホルモン・・・プロゲストーゲンの別名でステロイドホルモンの一種です。このホルモン思春期・生理時・妊娠時に分泌が高まり、月経の周期を決めたり妊娠しやすくさせる為の働きがあります。

 

 

黄体ホルモンの科学記号

 

ニキビ改善&予防の情報はこちらをクリック↓