ニキビをつぶす〜本当に大丈夫なの??〜

ニキビが出来てしまった時にふと頭を過ることは「潰してしまおうか?」と考えてしまいますよね?

ニキビはつぶした方が良いのか、それともそのまま触らずに放置しておくのが良いのか?
本当のところはどうなんでしょう?

 

毛穴内の膿を全て出し切ればOK!!

世間一般的に知られているのは、ニキビが出来てしまったら触らずにそのまま放置するのがベストとされていますが、実際のところはそうでもないようです。
初期段階である白ニキビでは、毛穴内に白いニキビの芯があり、それを外に押し出すことで、ニキビの回復は早くなります。
悪化してしまったニキビになると毛穴には膿が溜まっていますので、こちらも同様に膿を全て外に押し出し切れれば治りは早くなります。
しかし基本、芯や膿の排出する通り道は「毛穴の出口」の1本道ですが、その通りが細くなっていたり、複雑になってしまっていることで膿が出にくくなっている状態もあります。
そのようなケースで、中途半端に芯や膿を外に押し出して毛穴内に少しでも残ってしまえば、再びニキビは悪化してしまうので、結果的に治りが遅くなってしまいます。

 

指で押し出したら・・・
またニキビを指で押し出す際には圧力のかけかたによってその後に大きく影響を及ぼします。
圧をかけずにニキビの芯や膿を出し切ることができれば良いのですが、下手に強い力をかけてしまえば、ニキビ周辺の皮膚の角質にダメージを与えるだけでなく、治った時に「赤み」として跡が残る可能性が高くなるでしょう。
加齢になればなるほど、肌の治癒力は鈍くなるので、赤みだけでなく皮膚内に色素沈着してシミとして残ってしまう可能性もあります。

 

ニキビ跡になる危険性

つぶしてしまうとニキビ跡になりやすいという定説はどのような根拠で言われているのでしょうか?

 

ニキビをつぶしたからといって直接的に跡になってしまうこととは関係がありませんが、つぶす際、不完全に芯や膿が毛穴内に残留してしまうと、再度ニキビが悪化し、それを繰り返すことで皮膚の深部である真皮まで組織が破壊され、皮膚を元通りに形成できなくなります。

 

 

凸凹やシミのような跡はこのようなニキビのダメージの深さによって起こるメカニズムになっています。

 

どの状態であればニキビをつぶして良いのか?という判断ができればニキビはつぶしてしまった方が回復が早いのですが、結果、「つぶして良いもの」と「つぶしてはいけないもの」のニキビの分別は専門医でない限り判断が難しいでしょう。
それは毛穴内にある「芯や膿の深さ」や「ニキビが発生してからの経過時間」で芯や膿が出しやすい、出しにくいの判断が変化してくるからです。
よって跡が残らないように、無難にニキビを治そうとすればやはり炎症箇所には触れず、放置が一番であると言えます。

 

ニキビ改善&予防の情報はこちらをクリック↓