アダルトニキビに悩む人が増加

ニキビは毛穴の内部に汚れや皮脂が溜まり、それが詰まるとできてしまいます。幼少期から10代になる頃、人間の成長過程として第二次成長が始まり、「性ホルモン」の働きが活発になります。
そうすると皮膚の中にある皮脂線からの分泌量が増え、これが毛穴につまりことによってニキビになってしまいます。

思春期の男女の約80%がこのニキビを経験すると言われており、誰もが青春時代の証として記憶を残していることでしょう。

 

人生の中でニキビが最も発症をしやすい時期が10代であるために、かつては「20歳を越えれば吹き出物」と言われたように、20代特有の皮膚疾患と言うイメージが浸透しています。
しかし近年では20歳以降の大人にもニキビで悩む人が多くなってきました。

 

このような現象が目立ってきた為か、成人雑誌では2000年以降「アダルトニキビ」と言う呼び方でいくつもの特集が組まれてくるようになったのでご存知の方も少なくはないでしょうね。
もはやニキビは青春時代の証のものとしてだけではなく30代40代にも起こりうる皮膚疾患です。
このようなアダルトニキビの特徴としてはどのようなことがあるのでしょうか?

 

1・思春期のニキビと比較して女性の割合が高くなる。
2・メイクをする機会が多くなるのでこまめな洗顔などができない
3・思春期ニキビと比較してもアダルトニキビは長期に渡って発症する。
4・仕事や生活等の習慣、リズムが不規則になってしまう
5・外出時にはメイクをしなければならないので塗り薬が使えず治癒が遅くなる

 

のような特徴があります。

 

成人のニキビの原因はホルモンだけでない?!

思春期ニキビでは重症になるケースが男性の方が多いのですが、アダルトニキビでは重症例が女性が多いという傾向にあります。
男性の思春期時のニキビが男性ホルモンの分泌と密接に関係しており、女性では黄体ホルモン等の女性ホルモンに強く起因しています。

 

アダルトニキビでは、このような性ホルモンのみの原因とは考えにくく、生活環境や生活習慣、また生活リズムといった日常の生活との関連が強いと考えられているのです。
つまりは現代の女性はアダルトニキビと言う皮膚疾患になりやすい生活習慣また生活環境に身を置かれていると言えるのでしょう。

中学、高校位の時と比較しても社会人になった女性はメイクをする機会が圧倒的に増えるようになります。
このようなメイクが原因で洗顔をこまめに行うことが難しくなり、治療も遅れるためにアダルトニキビは思春期ニキビよりも長期化、慢性化しやすいと言う難点があるのです。
つまりアダルトにきび治療には体質や肌質そして身の回りの習慣や環境まで視野に入れた治療が必要となります。

 

アダルトニキビのホルモンバランス以外で考えられる要因の内訳
内因性としてはホルモンバランスの変化や睡眠不足、夜更かし、偏った食生活によるもの。
外因性では皮脂や汗による皮膚の汚れ、合わない化粧品を継続して使用している等。

 

 

ニキビ改善&予防の情報はこちらをクリック↓