ニキビの芯は何故臭い?

ニキビの芯の匂いを嗅いでみるととても臭いんですよね。なんといって表現したら良いかわからない匂いでもあるこのニキビの芯は、一言でいえば角質の塊なのです。

 

別名「コメド」とも呼ばれているニキビの芯はひょろ長い米粒のような形をしたものですが、この角質の塊であるニキビの芯は雑菌の塊でもあります。
毛穴へと逃げ道を失った皮脂が毛穴の中で角質と混ざり合い、塊となったものですので、匂いも臭くて当たり前なんですよね。

 

ニキビの芯を出すことに夢中になっている人が多くいらっしゃいますが、このニキビの芯を出してしまうと、その抜けた毛穴はぽっかりと「口を開けてしまう状態となり、爪に付着していた雑菌が皮膚内部に侵入しやすくなってしまいます。
つまりは一度炎症は収まっても、すぐに炎症が起きやすいということが言えるのです。

 

ニキビの芯はなるべく取らずに治療を行った方が、後々心配されるニキビ跡にはなるリスクも小さくなるので、芯を取るのは控えましょう。

「コメドプッシャー」や「面疱圧子」といったニキビの芯の除去専門器具等もありますが、推奨致しません。

 

専門知識のない素人が肌を弄ること自体がナンセンスですし、もし跡が残ってしまったら一生の後悔ものですから・・・。
時間をかけゆっくりニキビ治療を行っていけば、肌本来の治癒力で元通りの綺麗な皮膚へ再生できますので、焦らずに治療していきましょう。

 

ニキビの芯のまとめ
白い米粒のような形をしたものがニキビの芯。自分の爪で押し出して取ってしまえばその後の治りが早くなるが、雑菌の侵入経路を広げてしまう為に、再発や悪化を招く危険性がある。
ニキビ跡になりやすい。
芯を取り除く、専門器具があるが、素人ではリスクが高い。
時間と手間をかけゆっくり治していけば皮膚本来の再生力で肌は元通りになるので、気長に治療する気持ちが大切。

 

ニキビ改善&予防の情報はこちらをクリック↓